黒酢にんにくでダイエット

MENU

代謝をダブルで高める

ダイエット生活ではカロリーコントロールなど、食べるものを減少させることばかり考えてしまいますが、実はダイエット生活を成功させるためには、代謝を高めることもしっかり考えるべきなのです。そこで「黒酢にんにく」が大活躍します。

 

「黒酢」は各種多種類のアミノ酸が、バランス良く豊富に含まれています。アミノ酸は脂肪燃焼をサポートし、痩せ体質を作り上げていくと言われているのです。脂肪分解酵素リパーゼが溜まった脂肪を脂肪酸に分解。脂肪酸が血液に送られてエネルギーとして燃えていきます。

 

このリパーゼはアミノ酸によってつくられるのです。そしてこの脂肪燃焼のメカニズムをスムーズにするためには、ビタミンB6がとても重要となります。そのためビタミンB6がしっかり含まれている「にんにく」とはベストパートナーなのです。

 

「にんにく」も糖質代謝をしっかりサポートします。糖質代謝のためにはビタミンB1が不可欠。しかしビタミンB1を含んだ食品を摂取しても、とてもデリケートなビタミンであるため、3分の1程度しか摂取できません。しかし「にんにく」のアリシンとビタミンB1が結びつくと、アリチアミンという物質に変化し吸収しやすいかたちになるのです。

 

そのためビタミンB1の吸収促進をサポートし、結果として糖質代謝を促進することになります。「黒酢」と「にんにく」が一つになった「黒酢にんにく」は代謝をダブルの働きでグーンとアップして、ダイエット生活をしっかりサポートしてくれるのです。

 

血液の流れを良くしてダイエット生活をサポート

「黒酢」も「にんにく」もサラサラ効果が高いと言われていますが、血液の流れが良くなることで体中の細胞が活性化され、内臓も活発に働くようになることから基礎代謝もグーンとアップ。基礎代謝は1日の代謝の約60〜70%を占めていると言われています。

 

体重が気になり出した人の多くは、基礎代謝も低下していると言われています。そのため血液の流れを良くすることは基礎代謝をアップさせ、ダイエット生活を成功に導くことにもなるのです。ダイエット生活に大敵な冷え性も改善します。

 

「黒酢」は赤血球の膜を柔軟にする赤血球変形能改善作用や、血液を固まりにくくする血小板凝集抑制作用、悪玉コレステロール抑制作用などによってサラサラ血液を作ります。「にんにく」も血小板凝集抑制作用や末梢血管拡張作用などによって血液をサラサラに。

 

また「黒酢」も「にんにく」も強力な抗酸化作用を持っており、この抗酸化パワーによって血管を堅くし血管をボロボロにする過酸化脂質をできにくくしていきます。このように「黒酢にんにく」は強力にスムーズな血液の流れをサポートし、ダイエット生活を応援していくのです。