黒酢にんにくで毎日すっきり

MENU

「黒酢」の有機酸が強力にサポート

「黒酢」はアミノ酸と有機酸が豊富であることが特徴ですが、特に有機酸の中のクエン酸、リンゴ酸、グルコン酸がすっきりサポートに深くかかわります。クエン酸、リンゴ酸には腸の蠕動運動を促進する働きがあります。腸の動きが低下することで便が途中で溜まってしまうことに。そのため腸の蠕動運動はとても重要になります。

 

グルコン酸は腸内に住み着いているビフィズス菌の増加をサポートする働きがあります。それによって腸内環境改善をお手伝い。またリンゴ酸は整腸作用だけでなく、体内をアルカリ性にする強力なパワーがあり、デトックス作用も強く毒素を溜めない働きもあるのです。

 

「黒酢」のアミノ酸がすっきりを強力にサポート

「黒酢」の中に含まれる多種類のアミノ酸の中でも、特にグルタミン酸、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシンがすっきりをサポートします。グルタミン酸は小腸の粘膜修正を行い、吸収力を高める作用があります。胃腸粘膜の低下は腸の動きを低下させることにもつながるため、粘液修正はとても重要なのです。またグルタミン酸は、大腸の蠕動運動の動きをサポートする物質としても知られています。

 

アルギニンは胃腸の働きや調整をサポート。バリン、ロイシン、イソロイシンは、腸の蠕動運動を活発にし、体内を弱アルカリ性にしていくため胃腸病の予防にもつながります。デトックス作用によって毒素排出、毎日のすっきりをサポートするのです。

 

「にんにく」の殺菌力が腸内環境サポート

「にんにく」のもつ強力な殺菌力が腸内の悪玉菌を殺菌し、腸内環境サポートします。しかし食べ過ぎは善玉菌まで殺菌することになってしまうので、食べる量は注意が必要です。また、豊富に含まれてている水溶性食物繊維も、毎日のすっきりをサポート。腸を刺激し蠕動運動を活発にすることからも、腸内環境を良い状態に導きます。

 

血流を高め胃腸の働きをサポート

「黒酢」には、血小板凝集抑制作用や赤血球変形能改善作用、悪玉コレステロール抑制作用。「にんにく」には血小板凝集抑制作用、末梢血管拡張作用など血液の流れをスムーズにする働きがあります。そしてどちらも強力な抗酸化作用を持ち、血管の正常化をサポート。それによって血液の流れがスムーズになることで、細胞や内臓が活発に働くようになります。当然胃腸の働きも活発になり、毎日のすっきりにも大きく影響します。

 

豊富なビタミンとミネラルがすっきりをサポート

「黒酢」にも「にんにく」にもビタミンC、ナトリウム、カリウムが豊富に含まれています。これらのビタミン、ミネラルが毎日のすっきりをサポート。ビタミンCは腸内で乳酸菌のエサとなって善玉菌を増やすサポート。またビタミンCが腸内で分解されるときにガスが発生し、そのガスが腸を刺激して蠕動運動を活発にしていきます。マグネシウムは体内の水分を集中させる働きがあります。集中した水分は便を柔らかくしてスムーズな排出をサポート。またカリウムは筋肉の収縮や弛緩、腸の蠕動運動をサポートします。