黒酢にんにくの作り方

MENU

飲むタイミングについて

「黒酢にんにく」は、もともと食品なので飲むタイミングは特にいつでもOKです。とはいっても、「黒酢」も「にんにく」も強力な殺菌力を持ち、刺激のある食べ物です。その刺激や殺菌力が健康にも良い影響を与えてくれるわけですが、やはり胃腸の弱い人は注意する必要があります。

 

もとろん胃腸に自信のある人でも、できれば空腹のタイミングを避けて満腹のとき、つまり食後30分以内が一番のおすすめです。特に自分で作った「黒酢にんにく」は刺激が強いので、必ず食後か何かおやつでも胃に入れてから摂取しましょう。またサプリにしても、自分で作ったものにしても薬ではないので、毎日欠かさないことた大切です。そのため朝食後や夕食後など、自分なりにタイミングを決めると忘れにくいのではないでしょうか。

 

どうやって飲むといいのか

サプリの場合は大体カプセルなどが多いので、お湯や水で飲んでしまうことが多いと思います。しかし自分で作った場合は、水や炭酸で割るのがおすすめ。「黒酢にんにく」は「にんにく」の臭いが相当するため、お湯でわるとより「にんにく」の臭いが強く感じるはずです。また自分で作った「黒酢にんにく」は料理に使ったり、餃子の付け汁、ドレッシング代わりなども美味しく食べられます。

 

「にんにく」を食べるタイミング

手作り「黒酢」の場合、浸かっている「にんにく」は、どんどん食べないと腐敗の原因になったり、ふにゃふにゃになってまずくなってしまいます。出来上がったら、「にんにく」もどんどん食べてしまいましょう。「にんにく」はみじん切りや薄切りすれば、肉や魚料理にもぴったりです。

 

飲んだ後の臭いが気になったら

黒酢にんにく飲んだ後の口臭

「にんにく」そのものと違い、ましてサプリになっているとより臭いは少なくなります。それでも気になるときには、口の中をすすいだり歯磨きをします。その後、タンパク質で臭いの成分を包み込むために牛乳を飲んだり、ポリフェノール豊富なジャスミンティーやウーロン茶、緑茶などを飲むのもおすすめです。またリンゴをひとかじりすると良いとも言われています。

 

飲む量について

サプリの場合の摂取量は、目安量を守るようにします。手づくり「黒酢にんにく」の場合は、1日10〜30ml、大さじ2杯までと覚えておきましょう。ただし胃の弱い人は量を加減して、自分に合った量に調整します。また1回に15〜30ml飲まず、数回に分けてもOKです。

 

妊娠中、通院中、薬を飲んでいるときなど

このようなタイミングのときには、体が通常の状態ではないので控えるようにしましょう。どうしても摂取したいときには医師に相談するようにします。