黒酢にんにくの美味しい食べ方

MENU

「黒酢」酸味と「にんにく」の香りの付け汁に

「黒酢」の酸味はとてもまろやかで甘さもあるので、付け汁にはぴったりです。そこに「にんにく」の香りもプラスされているので、よりコクのある付け汁になります。餃子の付け汁には、「黒酢にんにく」に少しの醤油とラー油をお好みで入れましょう。冷やし中華やラーメンなどにもそのまま少しいれると、さっぱりとした、コクの深い良い味わいになります。

 

サラダには「黒酢にんにく」と塩胡椒でOK。「にんにく」の香りがサラダにぴったりです。白菜漬けに醤油の変わりに「黒酢にんにく」をかけます。減塩にもなりキムチのような味わいになります。他にもカツオの刺身に「黒酢にんにく」をかけてみましょう。カツオの刺身にネギと生姜のみじん切りを乗せ、「黒酢にんにく」の中身のにんにくをプラスしてもOK。醤油を少しかけて食べれば抜群の味わいです。

 

鶏ムネ肉の柔らか蒸し

鶏ムネ肉の皮や脂部分を取り除き、塩胡椒をします。フライパンに水カップ2分の1程度、酒少々を沸騰させたところに鶏ムネ肉を入れて蓋をします。弱火で20分程度蒸し焼きにします。(水が足らなくなったら足していきます)3ミリ程度に薄くきりそこに「黒酢にんにく」の中身のにんにくのみじん切りを振りかけます。「黒酢にんにく」に少量の醤油と蜂蜜を混ぜて、鶏にかける汁を作りましょう。蜂蜜と醤油の分量は好みでOK。温かいうちの方が柔らかく食べられます。

 

鶏レバー黒酢にんにく煮

鶏レバーは適当に小さく切り、少量の油で炒めます。火が通ったらタレをかけ入れて出来上がり。タレは「黒酢にんにく」と砂糖と醤油です。醤油は多すぎないように、最初にタレを味見して作っておくといいでしょう。できあがり直前にサッとフライパンに入れて、レバーに絡め一煮立ちさせます。最後に白ゴマをふるか、ショウガの細切りを乗せましょう。鶏レバーにはビタミンB6も豊富なので、アミノ酸がしっかり脂肪燃焼をサポートしてくれます。

 

酢鶏のにんにく風味

鶏に特に味をつけず、塩胡椒と生姜の絞り汁を絡ませて片栗粉をまぶして揚げます。タマネギとピーマンをざっくり切ってフライパンで炒め、そこに唐揚げを入れてタレを絡めるだけ。タレは、「黒酢にんにく」に同量程度の水と、砂糖と醤油はお好みで味を整え、最後にケチャップを少し入れて混ぜて準備をしておきます。野菜と鶏唐揚げを合わせたらサッと高温でタレを絡めると、鶏唐揚げに片栗粉を使っているので、全体に軽くとろみが付き適度に絡みます。